カンボジアの孤児院で急にビックダディーになっちゃった日本人の奮闘記

カンボジア在住の30代の奮闘記。気づいたらボランティアでも支援でもなくお兄ちゃん兼、お父さんになっていた。

5年間という月日がぼくに教えてくれた大切なことは○○する力だった話〜30歳で40人の親 兼 お兄ちゃんになった男の日記〜

 


誰かや何かの力を借りることは簡単だけれど

 

 

支援も寄付もあえてそれを選択しなかった5年間。

 

全てが創造で全てに自己責任が取れる範囲での挑戦。

 

自分たちに出来る範囲のことで
一つ一つ手探りで、手作りして来た。

 

手作りの学校も学校らしくなり

 

f:id:yu_go0910:20170619001144j:image

 

 

何もなかった空き地には花畑ができ

 

 

 f:id:yu_go0910:20170619001217j:image

 

みんな会話のベースが英語で話せるようになった。

 

 f:id:yu_go0910:20170619001336j:image

 

 

与えられるでも与えるでもなく
考えるでも考えてあげるでもなく

 

僕たちが決めるでなく、みんなで話して、

”人と人の間にある答え”を選択する。

この一年はそんな一年。

 

 

裕福ではないけれど
僕たちはより豊かになった。

 

 

人と共に生きる
人と関わりながら生きる

 

好きが嫌いになったり
また嫌いが好きになったり

右往左往しながらも


ど真ん中にある感謝と愛を大切に。

 

 

Do my best じゃなく
Do our bestで進んでく。

 

 

コツコツすることって本当に苦手です。

 

できればすぐにでも形にしたいと思ってます。

それも自分の理想通りに。


けれど、不思議なもので、

自分の思い通りにはならないことが多い。

人を自分の思い通りになんてできないから。

 

 

コツコツコツコツ。

喧嘩したり、ぶつかったり
嫌になったり、諦めかけたり、

 

それでもそばにいてくれる人
それでも大切に残ってる思い

 

 

 

それを感じると自分の正解は自分だけのもので

 

みんなにとってよくなる正解は
みんなとの会話からしか生まれない。

 


信じてあげる。

 

その力が何よりも大きく、何よりも難しい。

 

 

f:id:yu_go0910:20170619001359j:image