読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カンボジアの孤児院で急にビックダディーになっちゃった日本人の奮闘記

カンボジア在住の30代の奮闘記。気づいたらボランティアでも支援でもなくお兄ちゃん兼、お父さんになっていた。

僕らの人生はまるで◯◯◯◯

まずは、結論から言ってしまう。

 

 

【人生=リアル ドラクエだと思ってしまってるという話】

 

f:id:yu_go0910:20170411022810j:image

 

 

 

”好きなことを仕事にしたい''

 

そんな相談を大学生や、社会人をしている20代の子によくされます。

 

 

やっぱり一度きりの人生。


相談されたら僕は迷わずなんとなくの就職ならば、好きなことを選んだ方が良いよといいます。

 

だって、なんとなーく就職したって誰も自分の人生に責任を取ってくれないから。

 

公務員とフリーターなら僕はいま学生に戻っても迷わずフリーターを選ぶ。

 

ドラクエみたいに進んでいった時、

レベルアップしたら、

 

公務員は役職と給料があがる。
フリーターは経験値があがる。

 

これって実は30歳、40歳になったら、すっごい差が出来てるとおもう。

 

ドラクエで最初自分は戦士という職業をやっている。

 

けれどあるところまでいくと、
戦士を極めてそれ以上は成長しない。


最強の戦士だけれど、それで、

おれ最強レベルの戦士です!って名乗ってるのも1つ。

 

けれどゾーマ倒して、

世界を平和にするって”目的”には

戦士じゃ太刀打ちできない。

 

最強になった戦士という役職をすてて、
次は魔法使いという職業を選んでみる。

 

 

なんでこんなHP低くなってんだ!
攻撃力弱っ!!!

 

 

そんなことを最初感じながら、戦士だったらどんなに楽に進めてたかと思いながら進んで行く。

 

するとレベルアップに連れて、
あれ?自分で自分のHPを回復できるっていい!
こんなに遠距離攻撃がありがたいとは!
ってな感じで徐々にいまの職業に”慣れ”ていく。

 

するとまたまた最強レベルの魔法使いになって成長は止まってしまう。

 

そこでまた、最強レベルの魔法使いを名乗るのか?

 


それともはたまた職業を変えるのか?という選択が訪れる。

 

 

けれどこの時違うのは、


自分が経験した職業の数だけ選択肢とレア度の高い職業(人物)になれるということがある。

 

戦士と魔法使いを極めた先には、『魔法戦士』というレア度が上がった職業になれちゃったりする。

 

 

力も戦士並み
魔法も使えちゃう

 

そんなちょっと人とは違う自分になっている。

そして、戦士や魔法使いをやっている人やなりたい人に経験として伝えてあげられることがある。

 

 

これを繰り返すと、人がなんとなーく生きてる間に、平社員が係長になってる間に、いろんなことを経験して勇者とか賢者とかスッゲェやつに自分がなっていちゃったりする。

 

 

これって僕らのリアルにめちゃくちゃ当てはまる。

 

◯◯芸人って言葉があるように
A+Bで新しいものになれちゃうから。

 

そうやって好きなことをするってのは実は可能生がめちゃくちゃあるし、
自分をすごく成長させてくれ、たくさんの仲間にも出会えたりする。

 

 

だからこそ、ドラクエみたいに出来るようになった職業を捨てて変え、居心地の良くなった村を出て、新しい場所で人に素直に聞いて今までより強い敵(壁)を倒していく人生にしていきたいとおもっている。

 

 

けれど、ぶっちゃけた話、
好きを仕事にするって実はすごく大変。


だって責任は全部自分。


好きが嫌いになることだってある。

 

 

だからこそ決意でなくてすっごく覚悟がいるよって話(°▽°)

 

 

ぼくの周りにはそんな職業を捨てて目的のために自分を変えて進化してる人がたくさん。

 

 

ぼくもそろそろ吟遊詩人から転職せねば( ̄∀ ̄)

 

踊り子か笑わせ師を極めたら、
スーパースターになれるらしい!!

 

f:id:yu_go0910:20170411022831j:image

 

 

でもなりたい職業は”はぐれメタル”m(._.)m

道はまだまだ険しいぜぃ。。