カンボジアの孤児院で急にビックダディーになっちゃった日本人の奮闘記

カンボジア在住の30代の奮闘記。気づいたらボランティアでも支援でもなくお兄ちゃん兼、お父さんになっていた。

5年間という月日がぼくに教えてくれた大切なことは○○する力だった話〜30歳で40人の親 兼 お兄ちゃんになった男の日記〜

誰かや何かの力を借りることは簡単だけれど 支援も寄付もあえてそれを選択しなかった5年間。 全てが創造で全てに自己責任が取れる範囲での挑戦。 自分たちに出来る範囲のことで一つ一つ手探りで、手作りして来た。 手作りの学校も学校らしくなり 何もなかっ…

母子家庭の長男として、母から学んだたった1つの大切なこと。

親ってすげぇ。 「殺すぞ」「死ね」 反抗期の僕はそんな言葉を発したり手を出していたけれど、その言葉をいまぼくは子どもたちから受けたらきっとショックすぎて3日は引きこもる。笑 今だからこそわかる親の凄さがあります。 何を言われてもどれだけ傷ついて…

大切?必要?お金ってもののリアルな存在。

お金は必要なもの。 それは目をつむれない事実だと思う。 けれど、大切でなく必要なもの。 大切なものを守ったり 自分のやりたいことをやるためであったり そんなものを叶えてくれる必要なもの。 だからこそ使い方って大切だし、 お金は大切じゃなくて必要な…

僕らの人生はまるで◯◯◯◯

まずは、結論から言ってしまう。 【人生=リアル ドラクエだと思ってしまってるという話】 ”好きなことを仕事にしたい'' そんな相談を大学生や、社会人をしている20代の子によくされます。 やっぱり一度きりの人生。 相談されたら僕は迷わずなんとなくの就職…

カンボジア正月ってなんだ?!カンボジア式正月の過ごし方!孤児院編

カンボジアって不思議な国なんです。 だって、 だって、、 正月が3回あるんだもん。 正式にいうと、みなさんがよく知っては1/1元旦。つまり国際的なハッピーニューイヤーが一回。 そして、中国の旧正月で2回目。 そして、4月にあるクメール正月が3回目。 こ…

ボランティアに行く前に心得ておく3つの事。

さぁ今年の春は海外ボランティアに行くぞ! 今年こそ!夏休みを使ってボランティアにいくぞ! という、あなたにちょっとだけ伝えたい3つの事があります。 最近、学生の子達とよく会う中でよく聞く言葉。 それが、「ボランティアをしに来ました!」という事…

一番大切なのは◯◯力。

子供たちと毎日同じ時間を過ごす。 その時間少なくとも1日11時間 そんな時間が一ヶ月、2ヶ月、半年、1年、2年、、、と過ぎていく中で、 得たくもないのに勝手に身につけているものがある。 それが慣れだ。 人への慣れ、生活習慣の慣れ、仕事への慣れ、い…

3分であなたはヒーローになる?

ある人から見たらかわいそうと思う視点がある。 またある人から見ると頑張ってるな〜負けてられない!頑張ろう!という視点がある。 はたまた、ある人から見たらここには幸せで溢れていると感じる視点がある。 どんな視点も正解だから何がよいとか悪いとかそ…

カンボジアの孤児院というものを側で見てきて

孤児院というと日本ではどんなイメージだろう?? 両親がいなかったり、虐待を受けていたり、 貧しい家庭のためやむを得ない状況であったり、、、そんなどこか暗いイメージが強いのではないだろうか?? もしくは、日本の児童養護施設のようなイメージを持っ…

夢があろうとなかろうと。結果なるものになる!理論。

カンボジアへやって来て早5年。5年前の僕はただ単に勢いで生きていた。こんな事して人の役に立つんだ!誰かの力になるんだ!知性 0熱さ 100素早さ 80力 40そんな感じのステータス。お米を届けたり、服を届けたり、文房具を届けたり、そんな風に人に与えるこ…